記事カテゴリ

ユーザー機能

カウンター


 2017年11月23日(木) 01:46 JST

所有者をTrustedInstallerに戻す際の指定方法

  • 投稿者:
  • 表示回数
    2,432

Windows10にしてからユニバーサルアプリ(電卓など)の起動に失敗することがあってレジストリの権限を変更する機会があったのだが、一部のレジストリは管理者に変更権限がない。また、所有者がTrustedInstallerに設定されているため、管理者であってもフルコントロール権限が付与されていないと権限変更が出来ない。このため、所有者をAdministratorに変更するのだが、利用後には変更した後所有者を元に戻しておきたいと考えた。(※多分戻す必要は無い)

ふつうにTrustedInstallerとして入力してもダメだったので、正式名称的な指定方法(BUILTIN¥Administrator)などがあるんだと調べたところ、所有者を元に戻すには「NT Service\TrustedInstaller」と指定すれば良いことが分かったので残しておく。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
https://www.blackcat.xyz/trackback.php/FAQWin_TrustedInstaller

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。