記事カテゴリ

ユーザー機能

カウンター


 2017年8月21日(月) 02:26 JST

PowerShellでOffice 365 に接続する方法

  • 投稿者:
  • 表示回数
    1,631

Office 365の管理のためにPowerShellで接続をする機会があるが、接続方法を忘れるのでまとめました。

この手順を行う事で下記のサービスに接続が可能です。

ブログにまとめていましたが、MSからもまとめページが出ていました。(2016/12/12追記)

Office 365への接続

管理者として Windows PowerShellを実行し下記コマンドを発行する。

$credential = Get-Credential
Import-Module MsOnline
Connect-MsolService -Credential $credential

Exchange Onlineへの接続

管理者として Windows PowerShellを実行し下記コマンドを発行する

初回のみ下記コマンドを実行

Set-ExecutionPolicy RemoteSigned

以下、通常手順

$credential = Get-Credential
$Session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://outlook.office365.com/powershell-liveid/ -Credential $credential -Authentication Basic -AllowRedirection
Import-PSSession $Session -AllowClobber

SharePoint Onlineへの接続

管理者として Windows PowerShellを実行し下記コマンドを発行する

$credential = Get-Credential
Import-Module Microsoft.Online.SharePoint.PowerShell -DisableNameChecking
Connect-SPOService -Url https://<SharePoint Online管理サイトの URL > -credential $credential

※ SharePoint Online 管理サイトの URL について
ドメイン名のドメイン ホスト部分 + -admin.sharepoint.com となる。
ドメインが hogehoge.onmicrosoft.com であった場合は ドメインホストが hogehoge となり 管理サイトの URL は hogehoge -admin.sharepoint.com になる

Skype for Business Onlineへの接続

管理者として Windows PowerShellを実行し下記コマンドを発行する

$credential = Get-Credential
Import-Module SkypeOnlineConnector
$sfboSession = New-CsOnlineSession -Credential $credential
Import-PSSession $sfboSession

コンプライアンスセンターへの接続

管理者として Windows PowerShellを実行し下記コマンドを発行する

$credential = Get-Credential
$Session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://ps.compliance.protection.outlook.com/powershell-liveid/ -Credential $credential -Authentication Basic -AllowRedirection
Import-PSSession $Session

各サービスへの接続するための前提条件について

◇ 動作環境
次の Windows の 64 ビット バージョンを使用可能とのことであったが、32ビット版でも動いていたりする。
・Windows 8.1 または Windows 8
・Windows Server 2012 R2 または Windows Server 2012
・Windows 7 Service Pack 1 (SP1)*
・Windows Server 2008 R2 SP1*

◇ Microsoft .NET Framework、Windows Management Framework のインストール
下記サイトより、Microsoft .NET Framework 4.5.xのインストール後に、Windows Management Framework 3.0または Windows Management Framework 4.0のインストールが必要です。

Title : .NET Framework のインストール
  URL : https://msdn.microsoft.com/library/5a4x27ek(VS.110).aspx

Title : Windows Management Framework 3.0
  URL : https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=34595

Title : Windows Management Framework 4.0
  URL : https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=40855

◇ 各サービス接続に必要なモジュールのインストール
Office 365、SharePoint Online、および Skype for Business Onlineに必要な以下のモジュールをインストールします。

Title : IT プロフェッショナル 用 Microsoft Online Services サインイン アシスタント RTW
  URL : https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=41950

Title : SharePoint Online Management Shell
  URL : https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=35588

Title : Skype for Business Online, Windows PowerShell Module
  URL : https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=39366

Title : Windows PowerShell 用 Windows Azure Active Directory モジュール (64 ビット バージョン)
  URL : http://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkid=236297

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.blackcat.xyz/trackback.php/BlogO365_PowerShell2O365

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。