記事カテゴリ

ユーザー機能


 2024年2月28日(水) 09:08 JST

[Win Svr]ActiveDirectoryでInternet Explorerを一括配布

  • 投稿者:
  • 表示回数
    4,140

ActiveDirectory(以下AD)を用いてInternet Explorer(以下IE)の一括配布を行う。

ADによるソフトウェアの配布には、ソフトウェアによる配布などがあるが、今回はシャットダウンスクリプトによる一括設定を行う。
シャットダウンスクリプトを用いるのは、MSI形式でないファイルが取り扱えることとコマンドによる細かな制御が行えるためである。 

1.ADにIE配布用のGPOを作成する。

  1. 「管理ツール内」の「グループポリシーの管理」を起動する。
  2. グループポリシーの管理の画面左側にあるツリー画面で、作成・リンクの対象となるドメインやOUを選択する。
  3. [操作]メニュー、あるいは右クリックメニューで[このドメインにGPOを作成し、このコンテナーにリンクする]を選択する。
  4. 続いて表示するダイアログで、GPOの名前を入力して[OK]をクリックする。

2.ポリシーを編集しIEの配布設定を行う。

  1. 画面左側にあるツリー画面で、コンピュータの構成/Windowsの設定/スクリプト(スタートアップ/シャットダウン)を選択する。
  2. 画面右側のシャットダウンをダブルクリックして、「シャットダウン」の「プロパティ」ダイアログを表示する。
  3. ダイアログ下部の「ファイルの表示」ボタンをクリックし、ポリシーオブジェクトに関連付けられたフォルダを表示しする。
    このフォルダにIE11一括配布バッチファイル(サンプル)を展開する。また、
    アドレスバーからフォルダのパスをコピーする。
  4. ダイアログに戻り、「追加」ボタンをクリックする。
    スクリプト名に”Install_IE11.bat”、スクリプトのパラメーターに先ほどのファイルのパスをコピーする。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
https://www.blackcat.xyz/trackback.php/FAQWin_WinMgr_DeployIE11

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。